color: #364C19;
topimage

2017-08

2017年6月21日~30日夕ごはん - 2017.08.06 Sun

いまさら6月分、更新サボっていた分のアップ。

キャベツが安い時期だったので、この時とばかり焼きそばとお好み焼きが多くなっています。(休日昼に作ることもある)
お好みを目の前にすると、必ずソラスケやココラが「また大阪のおじいちゃんおばあちゃんちに行きたいな~」と言います。
そろそろ自分たちだけで電車に乗って行く練習してほしい。

DSCF3874-1.jpg

2017年6月21日夕ごはん

・高野豆腐の磯辺焼き
・水菜と干し椎茸、にんじん、油揚げの煮びたし
・じゃがいものにんにく味噌炒め煮
・たくあん
・キャベツとわかめ、えのきの味噌汁
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)


2017年6月22日夕ごはん

おちびたちはパパと回るお寿司に行きました。
ユキジとおかーさんは留守番。ごはんに味噌汁とぬか漬けで簡単にごはんでした。

DSCF3883-1.jpg

2017年6月23日夕ごはん

・ひよこ豆と野菜のカレー
・水菜とサニーレタス、ラディッシュ甘酢漬けのサラダ(豆乳ヨーグルト+塩クミンのドレッシング)
・わかめとねぎとえのきのスープ
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)

このカレーは、ネパリ・バザーロの野菜マサラを使ったもの。味見しながら作るのですが、クミン足したりクローブ足したり…とやっていると、「なんかわざわざ買った意味がない!」という気がしてきました(涙)。

すでにスパイスが調合されている商品は、味の好みがバッチリ合わないと難しい。


DSCF3919-1.jpg

2017年6月24日夕ごはん

・焼きそば+紅しょうが
(キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ニラ、油揚げ、しいたけ)
・青のりポテト(下の写真)

DSCF3918-1.jpg

春にソラスケが芽の出たちびじゃがいもを植えていたのが、今になって少しだけ収穫できました。びっくり!!
それも加えて、おちびたちの大好きな青のりポテトをたくさん作りました。


DSCF3927-1.jpg

2017年6月25日夕ごはん

・豆腐ハンバーグ(生協)
・ラタトゥイユ(なす、ズッキーニ、玉ねぎ、モロッコいんげん)
・きゅうり、玉ねぎ、わかめの梅酢ドレッシング和え
・ミニトマト(大阪のおじいちゃん作)
・わかめと油揚げ、えのきの味噌汁
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)


DSCF3932-1.jpg

2017年6月26日夕ごはん

・スタッフドピーマン(高野豆腐とオートミール)
・トマト
・ラタトゥイユ(なす、ズッキーニ、玉ねぎ、モロッコいんげん)
・きゅうりぬか漬け
・じゃがいも、玉ねぎ、にんじんのポタージュ
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)


DSCF3934-1.jpg

2017年6月27日夕ごはん

・高野豆腐のチンジャオロース風(じゃがいも、ピーマン、ブナピー)
・ブロッコリーのくるみ和え
・トマト
・きゅうりのぬか漬け
・じゃがいもと玉ねぎ、えのきの味噌汁
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)


DSCF3937-1.jpg

2017年6月28日夕ごはん

・ひよこ豆のスパイス炒めごはん
・カリフラワーのフリッター
・ブロッコリーとくるみのサラダ
・トマト
・キャベツとわかめのスープ

DSCF3938-1.jpg

2017年6月29日夕ごはん

・豆腐となす、ズッキーニ味噌炒め
・キャベツとわかめの梅酢ドレッシング和え
・きゅうりのぬか漬け
・キャベツとえのき、油揚げの味噌汁
・3分づきごはん(海塩、昆布、煮干し粉入り)


DSCF3966-1.jpg

2017年6月30日夕ごはん

・お好み焼き
・わかめと豆腐の味噌汁

2017年7月24日~8月4日夕ごはん - 2017.08.05 Sat

日々のごはんの記録がたまってるので、先に最近のごはんをアップしてしまおう。

DSCF4153-1.jpg

2017年7月23日夕ごはん

・なす、ピーマン、しめじ、油揚げの豆鼓醤炒め
・トマト(大阪のおじいちゃん作)
・カリフラワーの梅酢ピクルス
・きゅうりのぬか漬け
・かぼちゃ・干し椎茸・ねぎの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)+ひじきとごまのふりかけ

大阪のおじいちゃんが、たくさんの野菜を送ってくれました。もうすぐ旅行なので野菜を買い控えていたところ、予定より早いペースで野菜を使っており、「あぁ…まずい。なくなりそう」と思っていたところ、ちょうどいいタイミングと量!かぼちゃ、ゴーヤ、きゅうり、なす。ありがとうございました!


DSCF4160-1.jpg

2017年7月24日夕ごはん

・高野豆腐と夏野菜の酢豚風(にんじん、なす、ピーマン、玉ねぎ)
・ゴーヤの酢醤油おかか和え
・トマト
・きゅうりのぬか漬け
・かぼちゃ・ねぎ・干し椎茸の味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)+ひじきとごまのふりかけ


DSCF4161-1.jpg

2017年7月25日夕ごはん

・高野豆腐のスパイシーから揚げ(ガラムマサラ)
・なす、ピーマン、トマト、生バジルのバルサミコ醤油マリネ
・ゴーヤの胡麻和え
・油揚げとわかめの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)+ひじきとごまのふりかけ

最後の冷蔵庫一掃作業。保存の難しそうな野菜は全部お腹にはいりました。トマトとバジルは我が家のガーデンから。ゴーヤは大阪のおじいちゃんからです。


2017年7月26~28日
海に旅行に行きました。
穴場的な場所だったので、おちびたちは海水浴を存分に楽しみました。
海の幸のごはんもたまにはいいものです。現地直売所で海藻をたくさん買い込みました。
毎年行こうかなー。

DSCF4232-1.jpg

2017年7月29日夕ごはん

・高野豆腐のガパオライス風(にんじん、玉ねぎ、生バジル)
・空心菜のにんにく炒め
・切り干し大根ときゅうりのソムタム風サラダ

旅行から帰ったら野菜があんまりないな~と思っていたら、帰り(28日)に運よく某道の駅に立ち寄ることができました。地元野菜もたくさん売ってました。めちゃ安いというわけではありませんでしたが、空心菜が袋にいっぱい詰められて120円だったのが一番よかったかしら。

やはり和食は作る気がせず、ガパオライス風になってしまいました。


DSC_0268-1.jpg

2017年7月30日夕ごはん

・ツナと高野豆腐と夏野菜のカレー

いつまでも使われない、大阪のおばあちゃんが送ってくれたバーモントカレー…。
私の旅行疲れが今更出てきて横になっているところに、ユキジがバーモントカレーの箱を台所から持ってきておかーさんのお腹に乗せました(笑)。それを見たヘイタが「フツーのカレー食べたい。」と言いました。う~ん、お肉ないけど。大阪のおばあちゃんが送ってくれたツナ缶ならある。これを使おうか。

にんじんと玉ねぎのすりおろし(時短のため)をじっくり炒め、ツナ缶を入れてさらに炒めます。おろしにんにくと塩、分量通りの水を入れて煮ている間に、別フライパンでこんがりとナス・かぼちゃ・ピーマンを焼きます。ぐつぐつしている鍋にカレールーを入れて、焼いた野菜も入れて一緒に煮ます。最後に水戻ししてミキサーにかけた高野豆腐を混ぜて、塩としょうゆで味を調えて完成。

テキトーに作ったのになかなか好評でした。夏野菜がとってもおいしい。ちなみに、ミキサーにかけた細かいつぶつぶの高野豆腐は、カレーに紛れて入っているのかいないのかわからないほど。カレールーひと箱分に対して3枚使用しました。


DSCF4233-1.jpg

2017年7月31日夕ごはん

・高野豆腐とオートミールのハンバーグ
・かぼちゃサラダ(くるみ、玉ねぎ、きゅうりぬか漬け、レーズン入り)
・トマト(うちで採れたもの)
・きゅうりぬか漬け
・フノリとわかめの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)+ひじきとごまのふりかけ

大阪のおじいちゃんのかぼちゃでサラダを作りました。マヨネーズの代わりに自家製豆乳ヨーグルト+塩です。入ってる具が変なの~と思われるかもしれませんが、おいしかった!くるみのカリカリ、きゅうりのパリパリした食感がいいし、玉ねぎの風味もよいし、レーズンとかぼちゃの甘さが合っていて、これは大好評でした。なにより、ユキジがすごくたくさん食べてくれたのがうれしかったー!!


DSCF4271-1.jpg

2017年8月1日夕ごはん

・カレー
・かぼちゃサラダ
・わかめとフノリの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

外出していて帰宅が遅めになったので、先日作ったカレーの残りになりました。何も作らないというのはよくないと思い、前日大好評だったかぼちゃサラダをまたまた作りました。大阪のおじいちゃんがたっくさんかぼちゃを送ってくれたので、使わないとね。


DSCF4272-1.jpg

2017年8月2日夕ごはん

・ピーマンと車麩の味噌炒め
・かぼちゃサラダ(前日の残り)
・オクラの叩き梅ゴマ和え
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)
・わかめと玉ねぎ、油揚げの味噌汁
・青のりポテト

小粒じゃがいもが1㎏ほど残っていたので、揚げ焼きにして塩と青のりをふって「青のりポテト」を作りました。ものすごい争奪戦です!

私は小さいころたまにマックに連れられて行った人間なのでよくわからないのですが、ソラスケ曰く「この青のりポテトのおいしさを知ってしまったら、マックのポテトなんて食べられないよ。」 ソラスケはパパと一度だけマックでポテトを買って食べた経験があるようですが、味の違いが歴然としているそうです。そういうもんなのかな?

DSCF4276-1.jpg

2017年8月3日夕ごはん

・高野豆腐のにんにくバジルから揚げ
・ミニトマト、なす、かぼちゃのマリネ
・ぬか漬けきゅうりとフノリのサラダ
・コーンスープ(ピュアホワイトという白いとうもろこし!)
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)+ひじきとごまのふりかけ


DSCF4277-1.jpg

2017年8月4日夕ごはん

・高野豆腐のミートソース風スパゲッティ
・きゅうり、にんじん、豆腐のスイートチリソースサラダ
・わかめ、えのき、フノリのスープ

スイートチリソースなるものを買ってみました。東南アジア系のごはんを作る時にいいんじゃないかと。実は、これを甘酒と韓国唐辛子で作れないかと考えていて、一般的なスイートチリソースの味を確認したわけです。
この日は、スイートチリソースに酢、ナンプラー、軽くしょうゆとごま油を混ぜたものを豆腐サラダにかけました。たぶんこれは甘酒ベースで作れるんじゃないかな?

近々やってみます!

2017年6月10日~20日夕ごはん - 2017.08.04 Fri

またまた更新をさぼってご飯の記録をためてしまいました…。
一気にアップしちゃおう。

DSCF3771.jpg

2017年6月11日夕ごはん

・油揚げ入り焼きそば+自家製紅しょうが
・豆腐とわかめの味噌汁


DSCF3774.jpg

2017年6月12日夕ごはん

・いんげん、紫玉ねぎ、ひじきのスパイシーチャーハン
・カリフラワーのにんにく風味フリッター
・ラディッシュ甘酢漬けとレタス、高野豆腐の黒ゴマドレッシング和え
・トマト
・にんじんと玉ねぎ、米粉のポタージュ

カリフラワーがおいしい季節です!
応援している農家さんが、おいしい大きな無農薬カリフラワーをこのところいつも安価で直売所に出してくれてるので、うれしくってまとめて2つくらい買っちゃう。

今年はフリッターにするのが我が家のブームです。地粉+塩こしょう+おろしにんにく+水で衣を作って、一口大に切ったカリフラワーをくぐらせて揚げ焼きします。キャベツと同じアブラナ科なせいか、揚げるとカリカリしてキャベツに似た風味がしてとっても甘い!これはメイン料理としても立派に成り立ちます。

最近おいしいおかずがあった時、必ずソラスケが「ソラスケたちが大きくなった時のために、ブログに作り方あげといてね!」と言うようになりました。

う~む、、、更新さぼってる場合じゃないよね。
がんばる!

DSCF3776.jpg

2017年6月13日夕ごはん

・車麩のホイコーロー風(キャベツ、しめじ、玉ねぎ入り)
・水菜とひじきのサラダ
・ラディッシュの甘酢漬け
・わかめと大根、えのき、油揚げの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

車麩のホイコーロー風は、ココラのすっかりお気に入りメニューとなりました。
入れる野菜はキャベツがあればまぁいいのですが、季節によって、にんじんが入ったり、ピーマンが入ったり、ネギが入ったり。これまでタレを試行錯誤してきたんだけど、味噌+甘酒+おろししょうが+しょうゆというので今はやっと落ち着きました。ここへ、気まぐれでオイスターソース足したり、豆鼓醤(トウチージャン)足したりしてます。

「ベジタリアンはまずい」というイメージを払拭するには市販の味も研究します。「ホイコーローの素」も何度か試しました。とにかく甘みが強い。ただ甘いだけだとおかずにならないので、塩分と旨みが強めの濃い味で引っ張らないといけない。そこにスパイシーさを足して食欲増進効果を上げて、野菜と肉によく絡むように増粘剤を多用している印象。…いや、コスト削減するために増粘剤を増やし、その分人工的なうま味調味料も増やしている??(あくまで食べた時の個人的印象です)

これを我が家風にアレンジする時に役立ってくれたのが甘酒。単に味噌と砂糖混ぜただけでは味もとろみもイマイチで、ホイコーローの素に勝てないです。


DSCF3781.jpg

2017年6月14日夕ごはん

・オートミールと粉末高野豆腐のコロッケ
・レタスと大根、わかめのサラダ
・ひじきの煮物
・ラディッシュ甘酢漬けときゅうりのぬか漬け
・大根とわかめ、油揚げの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)


DSCF3786.jpg

2017年6月15日夕ごはん

・油揚げと野菜の重ね煮(しょうゆ味。にんじん、キャベツ、玉ねぎ、干し椎茸、刻みショウガ)
・ひじきの煮物の白和え
・じゃがいもの炒め煮(にんにく+味噌)
・きゅうりの梅ジャムドレッシング和え
・じゃがいもと玉ねぎ、えのきの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

ご近所から、真っ黄色によく熟れた梅の実をびっくりするほどたくさんいただきました。傷のないきれいなものは梅干しに、少し傷の気になるものは梅ジュースに、かなり難ありのものは黒砂糖で煮てジャムに加工しました。一般的なジャム瓶6つ分もできました…すごい!

あまりにたくさんできたので、料理にも使ってみた。ジャム+しょうゆ+ごま油でドレッシングを作って、じゃばら切りにしたきゅうりを入れて混ぜ、しばらく置きます。なかなかおいしかったです。

クエン酸は疲労回復にも効き、カルシウムの吸収も助けるといいます。夏に最適なのでこれからも積極的に使っていきたいと思ってます。


DSCF3789.jpg

2017年6月16日夕ごはん

・カリフラワーと高野豆腐のフリッター
・キャベツ千切り+味噌ドレッシング
・にんじんの黒ごま和え
・きゅうりのぬかづけ
・たくあん漬け
・わかめとえのきと豆腐の味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

またカリフラワーのフリッター。。。
前回みんなから「もっとたくさん作ってよー!」と苦情が入るほど人気だったので、またまた作りました。

おかーさんはフリッターよりもアルー・ゴビ(じゃがいもとカリフラワーのスパイス炒め)が食べたいのにー。
とりあえず、たくさん買っておいてよかった。


DSCF3852.jpg

2017年6月17日夕ごはん

・色々入ったお好み焼き+紅しょうが
(ひじき、厚揚げ、にんじんすりおろし、煮干し粉、水菜、にんじんの葉っぱ、キャベツ、ねぎ)

キャベツも安い季節なので、でっかいの2玉買ってきたら「お好み焼きー!」とおちびたちから要望あり。大阪人の腕が鳴る。
いろんなものを入れて焼きます。にんじんの葉っぱなんてワサワサ2本分が細かく刻まれて入ってます。栄養たっぷり!

できるだけ1枚であらゆる栄養が摂れるように考えてます。


DSCF3867.jpg

2017年6月18日夕ごはん

・アルーベイガン(なすとじゃがいものトマト味カレー)
・きゅうりとにんじん、玉ねぎのサラダ(豆乳ヨーグルト+クミン+塩+ガラムマサラで和える)
・にんじんとじゃがいも、玉ねぎのポタージュ
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

この夏、初めてのアルーベイガン。ソラスケの大好物、テンションはマックス。何度でもおかわりしてくれます。

暑くてじめじめしてくると、もはや普通の和食作る気分になれません。
これから先、暑いうちはインド料理だのタイ料理だの、食欲が増進されるようなごはんばっかり作っていそうな予感がします。


DSCF3869.jpg

2017年6月19日夕ごはん

・ひろうすとなす、いんげんの揚げびたし
・水菜とひじきのサラダ
・じゃがいもの揚げ煮(にんにく味噌)
・ラディッシュ甘酢漬け、きゅうりぬか漬け
・玉ねぎとじゃがいも、えのきの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

ひろうすの揚げびたしは、ソラスケパパの大好物。家にいる時は好きなものを出してさしあげようと。
でも、やっぱり揚げ焼きかぼちゃが入った方がおいしいです。

そろそろ大阪のおじいちゃんからかぼちゃが送られてくるかな?
…なんて、淡い期待をしてます。


DSCF3872.jpg

2017年6月20日夕ごはん

・車麩のカツ
・アルーゴビ(カリフラワーとじゃがいものスパイス炒め)
・ラディッシュ甘酢漬けと水菜、ひじき、レタスのサラダ
・わかめとえのきの味噌汁
・3分づきごはん(煮干し粉、昆布、海塩入り)

やっと作れたアルーゴビ!なんですが、野菜が固めだったので最後にフタをして蒸し焼きにしたら、ちょっと別の用事をしてる間に蒸しすぎてしまって柔らかすぎる結果になってしまいました(涙) スパイシーであったかいポテトサラダ食べてる気分。。。(家族はアルーゴビの作り方を知らないので、こんなもんだという顔で普通に食べている)

かなりくやしい…。またリベンジします。

見守ること。野菜と子どもと。 - 2017.06.24 Sat

春に苗を植えて、順調に育っていた野菜や花たち。

どんどん大きくなって、我が家を訪れた人たちも「お花がきれいですね!」「トマトが大きくなってきてますね!」と嬉しそうに声をかけてくれます。きゅうりやピーマンも次々花をつけ、じゃがいもは大きく育って花が咲き、レタスはいつも収穫できているし、毎日幸せだなぁ…と感じているのですが、ちょっと気になることが。

青じそ、バジル、パセリが、夜の間にかなり虫に食われているのです。
農薬はまきたくないし、わざわざ夜に外に出て虫退治なんてしたくないし、そもそも虫を敵にしたくない。すべて起こることには意味がある。この虫食いも何か意味があるんだろう。

どういう理由で虫くいが発生してるのか観察していく必要があるなと思って、見守るだけで特に何もしない状態が続いていました。その間に、小さな青虫を発見したり、ダンゴムシがよじ登っているのを発見したり。

でも、もっと気温が高くなって安定してくれば、植物の成長のスピードも速くなります。虫が食い荒らすスピードよりも成長のスピードの方が速くなれば、虫とも共存できるんじゃないかと呑気にかまえてます。

そうこうしているうちに毎日暑くなってきて、青じそはだんだん縦に横に成長して虫食いも目立たなくなり、バジルもかろうじて生長点だけは食われずに大きくなりつつあります。根元の方からも新しい芽が出てきており、健気に大きくなろうとするその姿に「がんばれ!がんばれ!」と心の中でエールを送り続けています。やみくもにあれやこれや手を出すべきではない。


…そうしているうちに、あるとき急に悟った。
「ああ、子どももこうやって見守るのがいいんだ。。。」


毎日おちびたちにギャーギャー言ってます。
「ソラスケ!最近デッサンやってないんじゃない?」
「セイタロ宿題はおわったの?明日の準備は?」
「ココラ、脱いだ靴は靴箱にきちんと入れる!」
「ヘイタ寝る前に歯磨きでしょ!」

口やかましく叫ばなくてもうまくいく方法が必ずあるんだわきっと。
おちびが5人いると、必然的に口うるさく叫ぶ回数も増えるので、とにかく疲れる。もっと気楽に行きたい。

かつて「森のようちえん」に関わったこともありましたが、必ず言われるのが「大人は子どもの行動、成長を見守る。」

これをほんとに心で理解して実践することはなかなか難しいようです。「大切だよね!」といくら感じていても、所詮は頭でわかっているというだけのこと。子どもの問題行動のあれやこれやに一喜一憂し、つい口や手を出してしまう。子どもが小学校に上がっていくとさらに不安材料は増えていく…。

たとえ「自分は子どもを見守ることができている」と思っていても、たぶん単なる放置や不自然な誘導になってしまっていることも多いのではと思います。

そういう中、日常のゴタゴタから一歩出て植物と向き合うことは客観的にものが見え、自分の傲慢さを反省して自然なふるまい方を知るいい機会になっているようです。

「虫食い」というのは植物の生きるサイクルの中のある一時点でしかないですが、これを一年通じて、あるいは長年続けていくと、人間が学べることは相当たくさんあるんじゃないかしら。

「今日はどんな発見があるかなー?」とワクワクしながら、毎日花や野菜と対話しようと思います。

夏の新しい水遊び場 - 2017.06.23 Fri

うちからほど近い場所に、新しい水遊び場所を発見!

DSCF38081.jpg

川の浅い場所なので、ユキジも安心して遊べます。
姉兄がたくさんいるので、さらに安心。

DSCF38101.jpg

少し流れを歩いていくと深めの場所もあるのですが、流れはとても緩やか。

DSCF38251.jpg

DSCF38321.jpg

DSCF38331.jpg

ここは、うちのすぐ近くの川なのです。
なんとなく水が汚いかな?と思って今まで本流に降りての川遊びはしたことがありませんでした。

夏はわざわざこの川の上流に向かって車で15分ほど登って行って、アユも釣れるきれいな場所で遊んでました。でも、いつでも思い立ったら気軽に行けるというわけではないし、前日が雨でなくても川が増水していることがあり、到着したはいいが「残念!」という日も。

こんなに近くに川があるのに遊べないなんて、と思っていたところ…

セイタロの担任の先生(もともと県立の科学館にお勤めで理科がご専門、星座や動植物など自然科学をこよなく愛されている先生)が、家庭訪問の時にこの川の話題になって、こんな話を熱く語ってくださいました。

「この川は昔に比べればかなり水質はよくなってますよ!一番汚かったのは今から30年くらい前ですね。川は危険だと心配する親御さんも多くおられるんですけど、私はもっと子供たちには川に親しんでどんどん遊んでもらいたいですね!ここの水を飲むっていうのじゃない限り、そんなに心配するような水質ではありませんよ。」
(家庭訪問の日は、セイタロの話はほとんどなくてほぼ9割がたこの川の生態系の話で盛り上がってしまった)

なるほど!川遊びしてもいいんだ!!

…とはいえ、一応この川の区域ごとの水質調査結果を探してみた。ネットで公開されてるのね!初めて知りました。
環境省基準の指定類型はB、水道3級(前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの)、水産2級(サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用)でした。我が家のあたりは調査区域の中ではまあ上流の方なので、多少検査結果よりはきれいなんじゃないかと思われます。ちなみに、遊びに行っていた上流は指定類型AAで、相当きれいな区域でした。

自分たちの住む地域の環境はどんなものかを数字で見ることは大切なことのようです。「たぶん大丈夫だろう」と過信するのも危険だし、かといってどんなものもやみくもに「汚そうだから避けよう!」というのもなんか違う。

このあたりの川ではアオサギやカモをよく見るし、ということは餌となる小魚も住めるということ。とりあえず飲むんでなければさほど危険性はないとわかって嬉しくなったおかーさんは、日々ヘイタとユキジを連れて川を散歩しながら、どこが遊ぶのに最適かを探してました。それが先ほどの写真の場所。

河川敷の芝生から本流に降りていく階段があって水深は足首ほどだから、小学生から小さいのまでいる我が家にとってはナイスな場所が見つかった!

一度遊びだしたらまあ長い長い…。いつまでも帰りたがりません。
次は家から水着を着てこよう!とか水鉄砲持ってこよう!とかワーワー言ってます。
さらに長居しそう。

ともあれ、夏場にクーラーのきいた家でじっとして過ごすより、こういう水場で遊んでくれた方が心も体も健康になれそう。思い立ったらいつでも行ける場所にあるっていうのがありがたい。


お昼ご飯の時間となり、ようやく帰宅の途につきます。

DSCF38481.jpg

途中の池で、ハスの葉っぱを採って帽子代わりにしています。
もはやいつもの普通の帽子はいらない(笑)

この川、夏休みはさらに頻繁に来ることになりそうです!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

うちゅう

Author:うちゅう
こんにちは!うちゅうです♪5人のおちびのママです。
自分から最も遠いものと思っていた専業主婦となり、長女の出産を機に「今できること(食・衣・住:家事全般)を真剣に突き詰めてみよう、足下から地球と未来の子どもたちに優しい行動をしていこう」と日々奮闘中です。もともとがいい加減でおおざっぱな人間なので、丁寧に、でも自分らしさを見失わずに生きていきたいです。
台所に立つと背筋が伸び、編み針を持つと脳内にα波が流れ、古着を見ると創作意欲に燃えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

レシピ~メイン料理~ (13)
レシピ~副菜~ (13)
レシピ~汁物~ (5)
レシピ~ごはん・麺類~ (5)
レシピ~お菓子・おやつ~ (11)
レシピ~季節・行事の料理~ (1)
レシピ~その他~ (5)
日々のごはん (540)
食つれづれ日記 (70)
プライベート出産 (4)
雑感 (28)
病気 (3)
おでかけ (28)
おやつ (23)
ものづくり (17)
リメイクギャラリー (38)
我が家のおちびたち (68)
森のようちえん・自主保育 (13)
パン作り (27)
読書 (10)
おちびのギャラリー (11)
小学校生活 (14)
このブログについて (0)
我が家の菜園 (3)
未分類 (10)

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

body { color:#364C19}