FC2ブログ
color: #364C19;
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のソラスケ画伯、修学旅行の思い出 - 2017.08.07 Mon

1学期の話になりますが。
ソラスケが6月の図工の時間に描いた「修学旅行の思い出」の絵。

ディズニーランドのシンデレラ城を描いていたのですが、あまりに緻密に描きすぎて図工の時間だけでは足りなくなり家に持って帰って仕上げていました。

絵の具でお城に色を塗り終えた時点で午後10時半。このあと影も絵の具でつけると言うのでビックリ…。これでは夜が明けてしまうので、影は色鉛筆でつけることに。

DSC_0167.jpg

↑影を色鉛筆で塗っているソラスケ。(すごい座り方だ…)

日付が変わる直前になってようやく完成。ちょっといびつな部分もあるけど、こりゃがんばったねー!
学校の絵の具でよくぞここまで…。

DSC_0168.jpg

教室の後ろに全員の修学旅行の絵が貼ってあったそうなのですが、アメリカ人の英語の先生が感動して「写真撮っていいですか?」と、このソラスケの絵をスマホで撮影していったとのこと。

彼女は色鉛筆で絵を描くのが好きで、よく色鉛筆画の本を見ながら果物や動物などを描く練習をしていましたが、もう自分で勝手にどんどん上達してゆくんだなぁと感じました。

いまは夏休みを大満喫している様子のソラスケ。

さっさと面倒な部類の宿題を済ませて、今は自由研究と絵画コンクールの絵を検討中。絵は2つも応募する予定で、そのうちの1つの風景画を描くために写真を撮りに行く場所を情報収集しています。

その他、ココラと一緒に最近知ったマニキュアフラワー作りに没頭したり、マンガを描いたり、ヘイタと工作をしたり、普段は学校の宿題など忙しそうですが、今は水を得た魚みたいに楽しそうに過ごしています。クラスの友達とバスに乗ってショッピングモールに出かけていくようにもなり、ちゃんと(?)イマドキの子のような過ごし方もしているし、かと思えば漢字がまったくダメで遊びほうけているセイタロのおしりをビシバシ叩きまくって漢字練習や宿題の面倒を見ている良き姉です。非常に頼もしい。

ソラスケと同じ頃の私はひたすら塾の夏期講習。国語と算数と、中学準備のための英語の授業。
各授業の始まりには必ず、漢字テスト、計算テスト、英単語テスト。
家では宿題。休みの終わりにはクラス分けのまとめテスト。

…それ以外、夏休みは何をしたっけ??ピアノの練習はしていたかな。塾の宿題の合間に、親に見つからないようにコソコソ絵を描くのがつかの間の楽しみだったような。確かに成績は上がったけど、それ以外はよく思い出せない暗黒時代。中学受験を控えていた子たちはそれ専門の塾へ通っており、もっと大変だったんだろうと思います。

ソラスケに「お母さんは6年生の頃の夏休み、塾の夏期講習行ってたよ」と話すと、

「カキコウシュウ??塾で勉強するやつ?ソラスケは絶対やだー!自分のやりたいことできないじゃん。お母さんかわいそう!!」

…6年生当時の私よりも彼女の方がまともです。

目的があって勉強するなら大いにけっこうですが、「とりあえず成績よければ人生の選択肢が広がるじゃない」という動機で勉強する(させる)のはほんとにダメ。その「選択肢」を考える時間がなくなり、ひどくなると「考える力」そのものが極端に弱まる。そのまま、目先の事は気にするが物事の本質を考えない大人になってしまう。1度しかない自分の人生を何をして生きるか考えて実践していくことが、自分を大切にするということなのに。

そういうわけで、私もまだまだ物事の本質を考え抜く力の弱い大人です。一般的で無難な子ども時代を歩んだ後遺症は簡単には治りません。

我が家の近所にも、いくつも学習塾が存在します。
算数苦手なソラスケが、週2とか3とかで通ってくれたら、安心できる?と自問してみた。
…できない。

塾に通い詰めて方法論を教え込まれて取った100点よりも、自分で勉強して取った80点の方がはるかに尊いと思います。実際に私が高校に入学して見えてきた事実は、伸び悩むのは決まって前者であり、後で伸びてくるのは塾に行ったことがないという後者でした。

まぁそれよりも何よりも、どうしても成績がよくないといけないような職業につきたいなら別ですが、勉強は社会で困らない程度にやればいいだけの話。大人になってからでも、勉強したいなと思えばいつでもやり直せばいい。

もうソラスケに関しては、だんだん子育て終わってきてるなと感じています。
どんなことも自分で何をすべきか決めて、その通りに進んでるから。

まだあやふやなところも多々ありますが、おおむね安心しています。
あとどのくらい一緒に過ごすことができるんだろう。
寂しさもありますが、このまま自分に正直にまっすぐ進んでほしいなぁと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://herzlich0820.blog.fc2.com/tb.php/1102-9ca711c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017年7月1日~10日夕ごはん «  | BLOG TOP |  » 2017年7月18日~23日夕ごはん

プロフィール

うちゅう

Author:うちゅう
こんにちは!うちゅうです♪5人のおちびのママです。
自分から最も遠いものと思っていた専業主婦となり、長女の出産を機に「今できること(食・衣・住:家事全般)を真剣に突き詰めてみよう、足下から地球と未来の子どもたちに優しい行動をしていこう」と日々奮闘中です。もともとがいい加減でおおざっぱな人間なので、丁寧に、でも自分らしさを見失わずに生きていきたいです。
台所に立つと背筋が伸び、編み針を持つと脳内にα波が流れ、古着を見ると創作意欲に燃えます。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

レシピ~メイン料理~ (13)
レシピ~副菜~ (13)
レシピ~汁物~ (5)
レシピ~ごはん・麺類~ (5)
レシピ~お菓子・おやつ~ (11)
レシピ~季節・行事の料理~ (1)
レシピ~その他~ (5)
日々のごはん (547)
食つれづれ日記 (70)
プライベート出産 (4)
雑感 (28)
病気 (3)
おでかけ (28)
おやつ (23)
ものづくり (18)
リメイクギャラリー (39)
我が家のおちびたち (69)
森のようちえん・自主保育 (13)
パン作り (27)
読書 (10)
おちびのギャラリー (12)
小学校生活 (14)
このブログについて (0)
我が家の菜園 (3)
未分類 (10)

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
body { color:#364C19}